22枚?78枚?

22枚でも78枚でもどちらでもタロット鑑定できます。しかし78枚全てを使うとより細かく鑑定が出来ます。

タロットカードは全部で78枚あります。このうち22枚を大アルカナ、56枚を小アルカナといいます。それぞれの違いは、タロットカード画像と意味一覧をご覧下さい。大アルカナは魂の本質や成長のプロセスを描き、小アルカナは現実的に体験しうることを描いています。それゆえに小アルカナを大アルカナの補足と捕らえる向きもあり、22枚の大アルカナだけでもタロット鑑定を行うことが出来ることになっています。

初めてタロットカードに触る方はなれる為に少ない枚数から入った方が敷居が低くなることがあります。最初に大アルカナ22枚だけで練習して、慣れたら78枚全部使う流れです。

また、創作タロットカードの中には大アルカナ22枚のみのセットも存在して、実際に売られています。

とはいえ、タロットカードの力を全て引き出そうと思ったら78枚全て使うことを強くお勧めします。大アルカナと小アルカナ両方使うことで、より重要な項目がどこにあるのかといったメリハリのある鑑定を出来るようになります。