大アルカナ・小アルカナ

タロットカードは全部で78枚あります。このうち22枚を大アルカナ、56枚を小アルカナと言います。大小と言うだけあって、大アルカナの方がより重要でエネルギーも強いです。

大アルカナは人間の魂が持つ本質、あるいは魂の学びのプロセスを表しています。 小アルカナは現実世界で具体的に体験しうる、あるいは発生しうることを象徴的に描いています。

大アルカナ22枚は一般に以下のような名称がついています。

愚者、魔術師、女教皇、女帝、皇帝、法王、恋人、戦車、力、隠者、運命の輪、正義、吊るし人、死神、節制、悪魔、塔、星、月、太陽、審判、世界。

具体的なタロット画像はこちらをご覧下さい

一方小アルカナはトランプのように四つのマーク(元素)に分かれています。具体的には棒、剣、聖杯、金貨、です。それぞれの元素ごとに14枚あります。すなわち14×4=56です。そしてそれぞれの14枚は4枚のコートカード(人物カード)、10枚の数字カードとなっています。

コートカードの内訳は一般的にはキング、クイーン、ナイト、ペイジ、に分かれています。デッキによってはナイト、ペイジの代わりに王子、王女、となっているものもあります。

コートカードは関わりの有る人物を表します。