ヒーリングとはセラピーとは

よく耳にするこの言葉って何をしているのでしょうか?ヒーラーとかセラピストって何をしているのでしょうか?

ヒーリングとは

RPGでヒーリングという言葉を覚えた方も多いと思います。戦闘で傷ついた時、ヒーラーと呼ばれるキャラクターにヒットポイント(体力)を回復する魔法をかけてもらいますね。ド○ゴンク○エストのホイミはまさにそれですね。ヒーリングとは空想のお話ではなく、実は現実にも存在するのです。当然ヒーラーという職業も現実に存在します。

ヒーリングとは治癒です。肉体的な症状、精神的な症状、どちらに対する治癒もあります。私たち人間には本来自然治癒力があります。切り傷が自然にふさがるのも、自然治癒力のお陰です。いわば自然界のエネルギーです。

ところが自らの自然治癒力では追いつかないこともあります。また、自然治癒力そのものが弱っていることもあります。そこで外部からエネルギーを注入することで、本来もっている自然治癒力を助けることが有効になります。この行為をヒーリングと言います。

ヒーラーとは

ヒーリングの技能を有する人を一般にヒーラーと言います。技能によってレイキとか気功とかいろいろな名称が付けられています。しかしながら目指すところは本質的に同じではないでしょうか。即ち自然界のエネルギーを集め、自らパイプとなって対象に流すということです。

ヒーリングの能力は私たち人間に太古の昔には本来備わっていたと言われます。しかしながら近代文明の便利な生活をするうちに忘れてしまったようです。そこで一般的に伝授と呼ばれるものを受けることで、ヒーリングの技能を身につけますが、厳密には「思い出す」と言うべきなのかもしれません。

技能を身につけるという点では、ヒーラーには誰でもなれるのかもしれません。しかしながら現実にヒーラーとして活動するには、事実上接客など現実的なことも求められます。また、自分自身がエネルギーを流すパイプになるがゆえに、自分自身のメンテナンスも必要です。どんなに澄んだ泉も錆びた水道管で送水したら濁ります。ヒーラーになるためにも、やはり現実的な社会経験がモノを言うがゆえに、実際にヒーラーとして活躍できる人は少なくなっているのが実情ではないでしょうか。

セラピーとは

セラピーとは現状を理想の状態に近づけるための行為です。課題解決とも言います。理想の状態と現状の状態の間にはギャップがあります。ギャップを課題といいます。そのギャップを埋めるのがセラピーです。

ひとくちにセラピーといっても様々な技法があります。人間が抱えるであろう課題には沢山の種類がありますので、対応する課題解決法、すなわち技法も多岐にわたります。