偉くなる前に、する

身の回りに「偉くなったら○○するよ」と言う人は居ませんか?例えば「偉くなったらギャラ払うよ」とか、類例として「お金持ちになったら寄付するよ」とか。残念ながらこのような人は永遠に偉くなることはないでしょう。

なぜならばこのような台詞には、自分は偉くなる自信が無いという考え、すなわち自分は偉くなることが出来ませんという自己暗示が含まれているからです。

「年収が増えたら自己投資(勉強)するよ」という人が居るとします。もし今年収が少なくても、もしも明日年収が増えるってわかっていたらこんなこと言いませんね。現実には年収を増やす自信が無いから、出来ない理由どころか、してはいけない理由を考えて自分を納得させているわけですね。こうして「偉くなったら」といいつつ、偉くない自分を作り上げていることに気付かないのです。

それよりも「どうせ偉くなるんだから、今から先行してやっておこう」と考えて行動する人が本当に偉くなれる人なのです。例えば「どうせ年収増えるんだから、今から可能な範囲で寄付をしておこう」といった考え方です。

こうして行動すると不思議なことに自分自身がどんどん高まっていき、本当に偉い自分に近づけるのです。卑近ながら自身のイベント出展の例を挙げてみます。今でこそすぴこん(癒しやスピリチュアルに関連した展示会)は単独で1ブース借りて出展しておりますが、初期の頃は共同出展者を募って一つのブースを2〜3人でシェアしておりました。これはコラボレーションというよりは、出展料の元を取れるくらいに稼げないという思い込みがあったからでした。ある時に共同出展者が見つからず、単独で1ブース使うことになりました。不思議なことに共同出展をしていた頃に比べて3倍以上の売り上げが立ちました。

まさに「収入が増えたら1ブース単独で使う」と思い込んでいた自分が居ました。その思い込みが間違っていたことを自ら証明してしまいました。

「偉くなったら・・・」では永遠に偉くなれないのです。偉くないうちから、偉くなった時と同じ考え方や行動を(出来る範囲で良いので)してみることで、偉くなった自分というものに近づけるのです。