減らしたいものは「増やす」と考える

減らしたい!と思って一生懸命減らそうとしているけれどなかなか減らないものってありますね?

例えばダイエット。体重を減らしたい、体脂肪を減らしたい。でも減らない、減ったと思ったらまた戻って・・・。
例えば家計。借入額を減らしたい、経費を減らしたい。でも減らない、減ったと思ったらまた戻って・・・。

実は「減らす」ことにフォーカスしているうちは減らせないのです。人間ってとかく欲しがる生き物ですから減らすという概念は潜在意識が好まないようなのです。何かが減ると別のもので埋め合わせようとするのです。対語である「増やす」はもちろん潜在意識が好む概念です。

実験してみましょう。「減りました、減りました、減りました」と連呼した時と、「増えました。増えました、増えました」と連呼した時で気持ちの変化を比べてみてください。明らかな違いがあるのが分かると思います。

それならば「増やす」ことにフォーカスすればいいのです。ダイエットも家計も。
減らしたいものを減らす為に何かを増やすって考えるのです。

例えばダイエットの場合、例えば「基礎代謝を増やす」って考えれば良いのです。これらを増やすことによって結果的に体重や体脂肪が減っていきますね。
借金を減らしたい場合は、「返済額を増やす」とか「収入を増やす」って考えれば良いのです。経費を減らしたい場合は「預金を増やす」って考えれば良いのです。

減っていくものではなく、増えていくものを見つけてフォーカスすれば、結果的に減らしたいものも減っていくのです。