勝ち組より価値組になろう

 勝ち組という言葉があります。勝つというのは(他人より)結果を出したとか、(他人より)優れた状態になるとか、目標を達成したか、といったことでしょう。でも勝つ人がいるということは負ける人も居るわけですね。

 で、誰だって負けるよりは勝ちたい。負けるのは面白くないから必死に勝とうとします。仮に勝ったとしても負けた人から嫉妬されることは避けられませんし、次は負けないかというプレッシャーもあります。負けたら落胆し、下手すると「どうせダメだ」式に行動する気力も失うことでしょう。
そのような環境では当然人間関係もギクシャクするでしょうし、そこに豊かな感情とかハートを使った行動は生まれなさそうです。

 私は「かちぐみ」になるなら「勝ち組」より「価値組」の方が良いのではと思います。
価値組とは価値を提供する人のことです。価値にも色々ありますね。共通しているのは提供された側が喜ぶということです。提供した側も感謝されて嬉しくなることでしょう。

勝ち組は勝った方しか嬉しくありませんが、価値組は二人とも嬉しくなれるわけです。Win-Winです。

自分が関わることによって他人を打ち負かすのが「勝ち組」、
自分が関わることによって他人(と自分との間)に新しい価値を生み出すのが「価値組」です。

どっちになりたいでしょうか?

宇宙の法則では出したエネルギーは還ってくることになっています。他人を負かすことばかり考えている人は、いつか自分が負かされることでしょう。