こうすれば部屋は片付く

一時期「そうじ力」という言葉がブームになりました。その時期私も部屋のものの大処分を行いました。ブームこそ下火になっても部屋を片付ける必要性には変わりありませんから、今後も「そうじ力」を実践したいものです。

そうじ力を実践しながら気付いたことに、自分のマインドの変化があります。

今まで:別の収納場所を作ろう→そして散らかる(><)
現在:あふれるモノは捨てます→そして片付く(^^)

これが大切なんですね。これ以上モノを置く場所を増やさない。だからこそ部屋が片付くのですね。

さらに、もう一個発見しました。部屋を片付けるコツを。
それは意図的に収納場所を減らすことです。なまじ置き場所があるからモノが増えるのです。マーフィーの法則にも「平面になっている場所にはモノが置かれる確率が高い」といった主旨のものがあったような気がします。

けっこう箱を積んだり什器の隙間を作ったりで収納場所を「工夫」しているものですよね。それらを意図的に減らすのです。

そこに今モノが入っていてもかまわずに容赦なく、問答無用に。

「立ち退き」を迫られたモノは他の収納場所に統合するわけですが、当然あふれるものも出るわけです。そこで使う使わないを再度吟味して使わないものを捨てるわけです。

私はこれでまたまた不要なものの手放しを行いました。続けたら不思議なことが起りました。意図的に収納場所を減らしているはずなのに、やればやるほど収納場所が「増えていく」んですよ!。

二段になっていた本棚を一段に減らして、入りきらないものを捨てたにも関わらず、気がついたら別の場所に本を置けるスペースが出現したこともありました。もちろん捨てたものを拾っておくようなことはしませんでした。ここは将来本当に必要なものを置くスペースに決めました。