金銭的な問題の本当の原因

もしも豊かさを得たいと思っているのであれば、今すぐ「金銭的な問題」あるいは「金銭的な理由」という言い回しを貴方のボキャブラリーから追放することを真剣に考えたほうが良いでしょう。。

こんな台詞を見たり聞いたり言ったりしませんでしたか?
「セミナーに参加したいけれど、金銭的な問題で出来ない」

この言い回しは、何かしたいことがあるけれど出来ないのは、お金が無いことが原因、すなわちお金のせいであるという意味が込められています。これはお金を敵に回していることになり、ますますお金に困るようになります。

人間関係に例えると分かりやすいです。もしも貴方の知り合いが「○○に失敗したのはアンタのせいだよ!」と言ったらどう感じますか?貴方にも何かしら原因があったとしても、その人とは距離を置きたくなると思います。あるいは貴方の居ないところで別の人たちに「○○さんの問題でムリだった」って言って回っていたことが分かったらどう感じますか?恐らく普通の友人関係は続けられなくなると思うでしょう。

お金も同じなのです。「金銭的な問題」とか「金銭的な理由」といった言い方をするのはお金にあっちいけ!と言っているようなものです。

そうは言っても現実にお金が無いんだからしょうがないでしょ!という声が聞こえてきそうです。返せる当ても無く消費者金融に頼るくらいなら、行動しない方が良いと思う方もいらっしゃるでしょう。私もそう思います。友人からの誘いをお金が無いことを理由に断らなければならないこともあるでしょう。とはいえ、何かしらお金を遠ざけた理由があることは考えてみる価値はあると思います。少なくとも他人のせいにしては解決策は見つからなさそうです。