仕事を任せられるようにするには

すぴこん出展時には予約管理などを受付担当者として手伝っていただける方を募集しております。2月度の京都すぴこん並びに東京すぴこん出展時もタロット通信教育の受講者の方が名乗り上げてくれました。今回は「仕事を任せるとはどういうことか?」についてお話いたします。

表題にも書きましたように、仕事を任せるというのはどれだけ相手を信頼しているか?ということです。例えば席をはずす時、特によそのセッションを受けに行く時などまとまった時間になる時、そういう時にセッション希望者が来たらどうしようかと思います。その時は「受付担当者が居るから安心、大丈夫。」と思うことにしています。すると本当にちゃんと仕事をしてくれるのです。ブースに戻ると予約表が埋まっていて、こちらが期待した以上に働いてくれることもあります。これを世間では仕事を任せると言い、私は受付担当者を信頼している状態です。

逆に大丈夫かなあ?と心配したままだと本当にそういう現実がきます。こんな時、この人に仕事を任せられないと判断するのは早合点です。そうです。ピグマリオン効果です。人は周囲の人の思っている通りの状態になるという心理学の現象です。だからこそ信頼した状態で仕事を任せると上手く行くのです。

よく会社などでは「あいつは仕事をちゃんとやらないから、信頼できない。だから任せられない。」とか「最初期待しているのと違った状態だから、任せられない。」という台詞が聞こえてきますが、そういう風に思っているからその人は仕事が出来ないという現実が来ているのではないでしょうか?

叱咤と称して「お前は能力が低い」と言うのは、ナニクソと頑張ってもらいたいという願いなのかもしれませんが、言われる側はピグマリオン効果の逆で本当にダメになります。これをゴーレム効果と言います。

仕事を任せられるかは、相手をどれだけ信頼することが出来るかが重要です。まず自分が信頼しているからこそ、相手が信頼に値するアウトプットを出してきます。依頼先の動きが悪いならば、自分が不安な気持ち、あるいはダメ呼ばわり的思い込みで仕事を依頼していないか、まず自分を確かめたいものです。