ネガティブな人が寄ってくる理由

世の中にはポジティブな人もネガティブな人も居ます。どうせなら自分の周囲にはポジティブな人が多く居て欲しいですね。

宇宙には類を友を呼ぶという法則があります。ポジティブな人の周りには波動の高い人ばかりが集まり、ネガティブな人の周りには波動の低い人しか集まらないのです。

もし周囲にネガティブな人ばかりの場合、自分がネガティブならそれは宇宙の法則です。ここで「おや?」と思う方もいらっしゃるかと思います。

自分は日々ポジティブに生きているのになぜかネガティブな人が集まってくることがある、という方もいるのではないでしょうか?

実はこれも然るべき理由があるのです。波動を高める行動をしていても自分の心が伴っていなければポジティブな人を呼び寄せるような「類友の法則」は働かないのです。つまりネガティブな人と出会うことによる学びが必要な段階であるということなのです。

もし本当の意味で自分の波動を高めたいのであれば、その波動の低い人がなぜ自分の近くに居るのかを考える必要があります。

つ まりネガティブな人も「先生」として現れているのです。役目を終えれば自然と遠ざかっていくのです。もちろん学ぶべきことをいつまでも学ぼうとしなければ 「単位」は認定されず、「先生」はいつまでも貴方の傍に居ることになります。そういえば「反面教師」という言葉もありますね。