節約してもお金が残らない理由

節約しているのにお金が無いのは何でだろう?

お金が足りないから節約しよう!と思い立って、ランチにお洒落なお店で1,000円使っていた人が、牛丼屋や立ち食い蕎麦屋で300円台に抑えるようにすることがあります。ランチにかかるお金が少なくなったからお金に余裕がでるだろうと誰もが思い描きます。しかし現実には、お金に余裕が出来た感覚がまったくなく、1,000のランチを食べていたころと変わらない、という人が多いのではないでしょうか?

こうなってしまった原因は、浮いた700円がどこに行ったかを把握していないからです。特に、財布にお金があったら雑誌やら清涼飲料水やらを気軽に買ってしまい、お金が少なくなると銀行のATMを探すという生活をしている人は要注意です。平たく言うと、浮いた700円を管理していないから、なのです。節約とは、単にある項目の出費を減らすだけでなく、減らしたことによって浮いたお金を管理することで初めて生きてくるわけです。そうですよね?浮いた分を浪費していては結局節約する前と変わらないことになりますね。

一番簡単な管理方法は使わないでとっておくことです。傍らに貯金箱でも置いといて、ランチを1,000円→300円にしたことによって浮いた700円を都度入れるのです。一日700円浮けば、一ヶ月では(20 日働いたとすれば)何と14,000円も浮くのです。このまま1年貯めれば海外旅行くらいはって思うのですが、現実には毎月の固定費の支払いに当てなければならないかもしれません。

それでも、預金口座からかき集め、場合によっては消費者金融に頼らざるを得ない状態で払うのと、節約して貯めたお金で払うのでは、精神的に随分違うのではと思います。もっとも、ランチ以外のライフスタイルを一切変えなければ、それ以外の生活費は節約開始前と変わらないことになりますから、節約して浮いた分を残せる可能性も捨てたくないものです。