「タロットカード超入門基礎講座」「運命の輪セラピーワークショップ」

開催日時:2008年11月24日

開催場所: 阿佐ヶ谷会議室
当時の募集要項

 

11月24日は「タロットカード超入門基礎講座」と「運命の輪セラピーワークショップ」を東京にて行いました。

小雨降る阿佐ヶ谷のちょっと個性的な形の和室にて行いました。
お昼過ぎからの午後の時間帯に「タロットカード超入門基礎講座」を開催。多くが一見さんという顔ぶれでした。このうち今後も足を運んでくれる方が増えてくれたら嬉しいですね。そして、mixi関係だけでなく、ホームページ経由で申し込まれた方も増えてきまして本当に喜ばしいです。


超入門講座では意味を丸暗記しなければ出来ないという思い込みがウソであるということから始めました。そもそも解説本ってどうやって創られたの?ってことが分かると、実はタロットカードを読み取るってとっても簡単だってことに気付くことが出来ます。

これを伝えなければと一生懸命になればなるほど、伝わっていないんじゃないかと思うもどかしさと葛藤しておりました。何度もやっているはずなのに。それとも何度もやっているからこそ?前回やった時の方がもっといい表現でしゃべっていたんじゃないか、とか。

講座は講義だけでなく、実習を多く取り入れました。ゲーム形式でやっているうちにタロットに慣れていくような内容を行い、後半では基礎的な鑑定手順を解 説、そして参加者同士の対面鑑定練習です。この日初めてタロットカードの封を切った方も居ましたが、皆さんちゃんとリーディングできるようになりました。

超入門講座終了後、運命の輪セラピーの時間までは(超入門講座の)アフターとしてこじんまりしたcafeへ行きました。そしてオードブルのサンドイッチをピックアップして会場に戻りました。

夕方からの後半は「運命の輪セラピーワークショップ」。

自分の現実を自分の望んでいる状態に変化させる、を合言葉に「運命の輪」カードの叡智を取り入れたワークを行いました。不安定な時代だからこそ「外部要素」に流されず、いかに自分自身の現実を自分で創っていくかが大事なのです。


「運命の輪」は羅針盤という象徴もありまして、自分ののる船の進路は自分で梶取りして決める、というわけです。それを簡単かつ確実にしたのが運命の輪セラピーでして、これまでにも沢山の感激体験をいただいております。

エネルギーワークの要素が強く、こういう時は本当におなかがすくのです。それで途中の休憩時間には軽食としてVie de Franceのサンドイッチオードブルを出したのですが・・・・あっという間に食べつくされました(笑)。

休憩の後には自分の潜在意識が本当に望んでいることに耳を傾けるメディテーションを行いました。それに基づいていよいよタロットをシャッフルカットして、運命の輪を回す準備をしました。新しい現実の選択肢は何を選びますか?心の声に耳を傾けていますか?

最後の締めは運命の輪を回す誘導瞑想です。この時はもう本当に、ものすごいエネルギーが動くのです。がっつーんと来ますから、ここは主催者として スピリチュアル・マッスルを発揮するところ。参加者の皆さんの変化が楽しみと思いきや?なんと恋愛関係で運命の輪を回した方から、瞑想中のタイミングで意 中の人からメールが届いたという報告がありました。これまでの効果が出始めた最短記録を一気に更新しました。 

他にも参加者さんの感想をいただいております。



 終了後、21時を回っていましたが、それでも食べ足りない人たち有志で豚シャブを食べにいきました。いつのまにか「グルメチーム」という名前がついていました。

[ページの先頭に戻る]