年運を見る&感情コードカッティング

開催日時:2008年12月23日

開催場所: 阿佐ヶ谷会議室 (東京都杉並区)

当時の募集要項


12月23日、冬至が終わって昼の時間が長くなり始める期間に入ってまもなくのタイミングで東京の阿佐ヶ谷にてタロットワークショップを開催いたしました。暮れの押し迫った時期ですが集まれる人で集まりました。

午前:一年の振り返り・自分曼荼羅を作る

午前中は今年一年の振り返りをしながら、自分の良いところ、出来たことなどを探しました。良くある反省と称してあら捜しして短所是正するのとは全く違い、 あくまでも長所伸張なのです。本格的なリーディングに先立って、3×3のマス目を利用したマンダラチャートを利用して、自分のいいところを探すことを行い ました。このようなエクササイズをしてまず自己評価を高くしていいってことを知ってもらいました。

午前のブレイクタイムには知る人ぞ知る「金のチーズケーキ」を出しました。一日に限定された数しか発売しないので、午前9時にお店が開店する時間を狙って買いに行き、その足で阿佐ヶ谷に向かいました。今回食べられた人はラッキーです。

甘いもの食べて頭が冴えたところで、いよいよタロットカードで自分の曼荼羅を作成しました。誘導瞑想で自分の心の内側にアクセスして、自分の本当の声を聞くようにしました。

ランチタイムは近隣の住宅街の中の自然食品のお店にて、野菜の素揚げカレーをいただきました。

午後:感情コードカッティングに挑戦

そして、午後はいよいよ感情コードカッティングのワークへと。他人に振り回されないで、自分らしく生きられるように、というのが狙いです。マスメディアは輪をかけてネガティブなニュースばかり選んで流すこの世の中、自分で考える、他人のせいにしない、ということの重要性を知ってもらいつつ、自分の現実は自分で(心の声が)望むように作っていきましょう、というお話もしていきました。

自分らしく生きるというのは、身勝手に振舞うというのとは全く違います。自分のことは自分で考えて自分で決める、そして自分の評価(セルフイメージ)は自分で決める、ということであり、自分はそういうことをして良いことに気付く、ということなのです。

一日のワークではありましたが、自分はもっと夢を持っていいということに気付いてくれた方もいらっしゃいました。感情コードカッティングのワーク はこれから需要が高まってきそうだなと思いました。実施する側は決してラクではないのですが、それでもやってみたい方、2月1日に伝授いたしますよ。

そんなこんなで、グルメチームの活動も控えめに、夜は夜で家に着くなりバタンキューでございました。今回はご参加まことにありがとうございました。

参加者の声・感想

心身ともに疲れていましたが、自分が抱えていたイライラなどがいっぱい出てきてびっくりしました。これから自分で自分のことをもっと受け入れられるようになりたいです。

自分が今後進むべき方向が見えてきてすっきりしました。ありがとうございました。

参加することで気持ちがすっきりしてよかったです。刺激もいただきました。

楽しかったです。また別のワークショップに参加したいです。

自分自身についてより深く知り、感じることができてよかったです。身体が軽くなった感じがしました。

[ページの先頭に戻る]