新月のタロットワーク

開催日時:2009年4月25日 12:30〜15:30

開催場所:ロゼクリスタ・セミナールーム(大阪府大阪市北区)

当時の募集要項


今日は大阪にて新月のタロットを開催。先立って午前中に鞍馬山を参拝しました。奥の院で見かけた看板に書かれていた言葉です。

良識ある行為こそが、正しい信仰の第一歩です。迷信にとらわれたり非常識な行をしたりして実を亡さぬよう、ご注意ください。

いろんなものが台頭する時代だからこそ、地に足をつけることが大事ってこと、改めて考えさせられました。

鞍馬を下山してオケイハンで大阪入り、南森町の会場入りしてワークショップを開催しました。今回は「新月のソウルメイキング」でタロットカードを活用しよう、というテーマでやりました。

新月の願い事を書いても、心のどこかで「どうせ出来るわけ無いよ」と思っていると、それがブロックになって、願い事=やりたいことを書くべきなのに、いつのまにか「できること」に摩り替わっているんですよね。だから、そういうブロックを外しましょう、ということを、潜在意識の鏡であり、ポジティブに生きるためのツールであるタロットカードを活用して取り組みました。

ワークショップも長くやっておりますが、喜びの言葉がある一方、辛口コメントもあります。「始まりがダラダラした雰囲気だった」とか「時間配分が悪い」とか「普段考えていることと同じだった」とか、手厳しい内容もありました。本当に、日々勉強ですし、精進です。

終了後は参加者同士でのセッションや、運命の輪セラピーモニターなどが行われましたが、私が居るとみんな気を使いそうだったので、お先して今夜の宿に移動しました。

夜は、認定プラクティショナーさん限定で、ザ・リッツカールトンホテル大阪にてマクロビオティックのディナー会をやりました。日ごろワークショップ参加、運命の輪セラピー等で活躍していますから、その労いということもあります。イタリアンのシェフがマクロビオティックやると、本当にお洒落な盛り付けになるものです。

お客様の声・感想

カードの見方が良く分かったし、使い方も良く分かりました。時間が足りなかったです。

ワークをしていろいろな気付きがありました。タロットを勉強するには相手や仲間が必要だと感じました。楽しくて時間が足りませんでした。

人の読み取りやカードの意味がとても勉強になりました。心の中の悩みというか、迷いが取り除けました。ダラダラ開始していたように思います。メリハリをつけて頂けた方が気持ちよくスタートできたかな。

出来ないというブロックを外した上で願い事が出来てよかったです。もう少し広いほうがいいです。

タロットカードの取っ掛かりになりました。普段考えていることとワークの内容が似ていたので、新鮮味がありませんでした。

自分の足元とやるべきことが分かりました。基礎の基礎から教えてくれるのが良いですね。

[ページの先頭に戻る]